大月市立中央病院

〒401-0015 山梨県大月市大月町花咲1225番地

お問合せは 0554-22-1251
【受付】月〜金 8:30~11:30/13:30~15:30
      土 8:30~11:00

教育体制

体制

職員のキャリアアップや職務満足に努めています。
また、看護補助者に対する研修も計画的に行っており、患者サービスの向上に努めています。

令和元年 看護部教育委員会

方針

質の高い看護サービスを提供できる看護師の育成と、自発的に自己能力開発に取り組めるよう環境づくりや支援を行う。

年間目標

1.クリニカルラダーの運用・評価表を完成させ、年間を通し活用状況を評価する。
2.新人教育を通じて、知識・技術を学び、根拠に基づく看護実践能力を育成する。
3.ラダーⅡ以上の教育とオンデマンド研修を通じて、専門領域の知識・技術を深めることができる。

クリニカルラダー

クリニカルラダーシステム

質の高い看護サービスを提供できる看護師の育成と、自発的に自己能力開発に取り組めるよう環境づくりや支援を行うため、レベルⅠ~Ⅴまでの段階を設け、看護実施能力を高めていくシステムです。

大月市立中央病院のクリニカルラダーイメージ

各ラダーに応じた評価シートと所属看護単位の師長との面談により、個々の課題を明確にしながら学習を継続的に行うことができます。

将来の目標に向かって、一人ひとりが着実にキャリアアップできるように支援します。

介護福祉士・看護補助者用のクリニカルラダーも設けてます。

新人看護師教育運用基準

目的

1.新人看護師の教育。社会適応能力、組織人としての意識、専門能力、自己開発能力の育成を図る
2.新人看護師教育を通じ、教育担当者も自己の看護を振り返り再学習する。
3.新人看護師教育を通じ、チーム力の向上をはかる。

新人教育体制『チーム支援型 + チューターシップ』

【チーム支援型とは】
特定の指導係を置くのではなく、チームで新人を教育・支援する。
1個人に1担当者を付けず、チームに参画しながら新人を教育、支援する。チーム内でそれぞれのメンバーが得意分野を指導するように役割の分担がされている。

【チューターシップとは】
決まった相談相手がいて、相談や支援を求めていく事が出来るが、一緒の勤務でケアをするわけではない。

★チーム支援型を取り入れ、新人看護師に対し1人の指導者を1年間を通じて付けるのではなく、新人看護師が所属するチーム全員が新人教育を担当する。各委員会で担当している分野は病棟の委員が積極的に関わる。チューターを任命し精神的なサポートを行う。

新人教育体制図

介護福祉士・看護補助者教育計画

教育目的

年間を通して教育計画を立て、職種に合わせた知識・技術を高め医療従事者として療養や看護が提供できる介護福祉士、看護補助者を育成する

教育目標

1.介護福祉士、看護補助者の必要な技術を習得できるよう育成する
2.自分で考え行動できるよう育成する
3.業務と役割に対する責任と医療従事者である自覚を養う
4.新しい職場環境に慣れ、適応していく過程を支える

介護福祉士・看護補助者目標

1.病院および看護部の理念・方針が理解できる
2.社会人としての接遇・マナーを身に付けることができる
3.研修を通して業務に必要な基本的知識と技術を身に付けることができる
4.院内のルールを理解できる(医療安全・感染・教育など)
5.倫理について学ぶことができる

copyright©2019 otsuki central hospital all rights reserved.